松江開府の祖、堀尾吉晴公とその一行が松江城に入城する様子を再現した松江武者行列です。参加者の募集や行列のコース、関連イベント、当日の交通規制など武者行列に関連する情報を発信します。

松江武者行列

趣旨

「松江武者行列」は、松江開府の祖、堀尾吉晴公とその一行が松江城に入城する様子を再現した絢爛豪華な時代絵巻です。勇壮な武者や色鮮やかな姫などに扮した毎年大勢の市民が参加し、松江城を目指し、桜咲く松江市内を練り歩きます。
平成 15 年から始まり、17 年までは秋に開催していましたが、平成 19 年より多くの観光客が桜を見に訪れる 4 月に開催することになりました。市民や観光客にも知名度が浸透し、毎年の恒例イベントとして、当日は多くの観客で賑わいます。

沿革

内容
平成 15 年 初開催~ 17 年まで秋に毎年
平成 19 年 5 年間「松江開府 400 年祭」のオープニングイベントとして、
4 月に開催
平成 23 年 東北地方を襲った「東日本大震災」により、10 月に順延
平成 25 年 4 月に開催※雨天のため市民活動センターで演舞披露
平成 26 年 「松江お城まつり」のイベントとして 4 月開催
平成 27 年 「松江お城まつり」のイベントとして 4 月開催
平成 28 年 「松江お城まつり」のイベントとして 4 月開催
平成 29 年 「松江お城まつり」のイベントとして 4 月開催

概要

「松江武者行列」は、松江開府の祖、堀尾吉晴公とその一行が松江城に入城する様子を再現した絢爛豪華な時代絵巻です。勇壮な武者や色鮮やかな姫などに扮した毎年 200 人を超える市民が参加し、松江城を目指し、桜咲く松江市内を練り歩きます。

平成 15 年から始まり、今年まで 8 回 (平成 18 年は未開催) 開催しています。平成 15 年から 17 年までは秋に開催していましたが、平成 19 年より 5 年間にわたる「松江開府 400 年祭」のオープニングイベントとして、4 月に開催しています。桜の舞う中での、勇壮な武者行列は、春の城下町の風物詩として、市民や観光客にも知名度が浸透し、毎年の恒例イベントとして、当日は多くの観客で賑わいます。400 年祭のフィナーレとなる平成 23 年の武者行列は、東北地方を襲った「東日本大震災」により、秋に順延となりましたが、10 月の開催時には、参加者全員で被災地への復興の祈りをささげました。また、「松江武者行列」に参加された方が中心となって平成 19 年に組織された市民団体「松江武者応援隊」は、「松江武者行列」の運営の補助や、武者姿で松江市内の観光 PR など様々な形で貢献していただいています。

平成 25 年松江武者行列は、城下町松江に似合う春の一大イベントとして更なる定着を図るため再スタートしました。残念ながら雨天のため、市民活動センターでの演舞披露のみとなりましたが、絢爛豪華な時代絵巻を楽しんでいただくことができました。平成 25 年 6 月には、松江城大手前広場に堀尾吉晴公の銅像も建立されました。
平成 29 年 4 月、オーディションにより決定した堀尾吉晴公のもと、約 200 名の一行が、白潟天満宮前を出発して、市内を縦断し松江城に入城します。
松江 武者行列