松江開府の祖、堀尾吉晴公とその一行が松江城に入城する様子を再現した松江武者行列です。参加者の募集や行列のコース、関連イベント、当日の交通規制など武者行列に関連する情報を発信します。

登場人物相関図・役柄

登場人物相関図

画像をクリックすると PDF でご覧いただけます。



相関図の登場人物

キャストについて
※役柄設定については、堀尾吉晴の活躍を描いた「戦国はるかなれど」に準じています。

堀尾吉晴公 (ほりおよしはる)
信長や豊臣秀吉に従って、姉川、長篠、山崎など多くの合戦に出陣し功をたて、とくに秀吉が明智光秀を討った山崎の合戦における鉄砲隊を率いた天王山争奪をめぐっての活躍は有名。
その人となりについては、通称を茂助といい、容貌は端正、性格は温厚であることから「仏の茂助」と呼ばれたと伝えられている。
しかし、ひとたび戦場に立てば勇敢に戦う武勇に優れた人物であり、「鬼の茂助」と呼ばれ、幾多の武功をあげる。

大方様 (たいほうさま)
吉晴の奥方。内助の功の人として有名。
松江城築城時には、難工事である石垣の石を運ぶ人夫のやる気を促すため、私財を投じ、石を一つ運ぶと握り飯を一つ渡しやる気を促したという。

堀尾忠氏公 (ほりおただうじ)
吉晴次男。眉目秀麗、才気あふれる初代藩主。
関ヶ原の前哨戦でも活躍し出雲隠岐 24 万石を拝領。

長松様 (ちょうしょうさま)
忠氏の奥方。豊臣五奉行の一人、前田玄以の娘。
教養と美貌を兼ね備えた人であった。

古屋姫 (こやひめ)
吉晴次女。
のちに、家康家臣、石川忠総に嫁ぐ。

小那姫 (こなひめ)
吉晴三女。
容姿端麗で家臣の中でも話題になるほどであったと言われている。

寄騎 : 則武三太夫 (のりたけさんだゆう)
猛将、太刀打ちの名人であり、山崎の合戦など数々の武功を上げる。
武田を裏切った小山田信茂の首を打ち取ったとされる。

家老 : 堀尾但馬 (ほりおたじま)
吉晴の従兄弟。
家老にして、名高き堀尾鉄砲隊を率いた。堀尾一族の年代記「堀尾古記」を記す。

勝山(かつやま)
吉晴長女、家老・野々村河内守の正室。

堀尾忠晴(ほりおただはる)
忠氏長男、松江城初代城主

松田左近(まつださこん) / 忠氏公付き黄母衣武者
支城である赤穴瀬戸山城主(飯南町)、数々の武功を上げ、福島正則とも親交があったという。

堀尾氏光(ほりおうじみつ) / 忠氏公付き黄母衣武者
支城である三刀屋尾崎城主(雲南市)、吉晴の弟。
浜松城時代にも支城二俣城を治めた。

野々村河内守(ののむらかわちのかみ)
筆頭家老にして月山富田城代、正室は吉晴長女勝山。
松江大橋、大手前の 2 か所にて会場の実況を担当。

奈良伊織(ならいおり)
関ヶ原の直前、吉晴が石田三成の刺客との間におきた事件に巻き込まれ刀傷を負ったときに、いち早く駆けつけ救い出した。吉晴の左頬の傷はその時のものであったと言われる。


特別参加団体

堀尾吉晴・忠氏、堀尾衆 200 名以外に特別に参加される皆様。

「参陣武者隊」
「自前の甲冑衣裳」を持ちこんで参加される皆様。今年は 2 名が参加。

「愛知県大口町 / 御供所衆」
吉晴公の長男「金助」殿のご縁により参陣する愛知県大口町の御供所衆 (ごこしょしゅう)。
大口町は吉晴公の生誕の場所であり、(ごこしょ) 御供所はその地名。
4 月 1 日 (日)、大口町では「金助桜まつり」が開催される。

「出雲尼子を興す会」
松江開府の祖である堀尾吉晴公にゆかりのある月山富田城がある安来市広瀬町から参陣。
かつて戦国時代に中国地方を統治していた郷土の武将「尼子 (あまご) 氏」。尼子氏の歴史を後世に伝えるため、そして、吉晴公の戦友「山中鹿之介」。月山富田城のある広瀬町を PR するため、手作りの甲冑を着て活動。
また、4 月には、広瀬町でも、「尼子の里おひなまつり」において、150 人の武者行列がある。


古式火縄銃演武参加団体

「松江城鉄砲隊・松江姉様鉄砲隊」
堀尾吉晴公の鉄砲隊による活躍に起因して、松江開府 400 年を記念し、有志が集い結成された鉄砲隊にてござる。毎月第 3 日曜日には、松江歴史館の前庭にて、火縄銃の演武と居合切りの定期演武を行っている。

「岩国藩鉄砲隊」
山口県東部の周防国 (すおうのくに) 岩国藩・吉川 (きっかわ) 家の「鉄砲組」の砲術流儀として伝えられた石田流砲術の伝承と研究に取り組んでいる。
岩国藩の歴史は、関ヶ原の合戦の後、吉川広家が毛利輝元より三万石を分地され、現在の島根県、出雲富田から岩国に居を移し、城を築き城主となったことにより始まる。
吉川家に伝えられた石田流砲術は、明治に至り和流砲術の衰退とともに途絶えたこともござったが、岩国藩石田流鉄砲組を復興し、これを後世に伝承したいとの機運が高まって、熱烈なる市内の有志のご尽力により、昭和 62 年に岩国藩鉄砲隊保存会として発足し、現在 31 年目を迎えている。
現在、岩国藩鉄砲隊は年間 8 回の定期訓練を岩国城の麓の錦帯橋付近で行うとともに、新年の初放しや錦帯橋まつりでは毎年多くの観客に演武を披露。


役柄

※場合によっては役柄及び衣裳が変わることがございます。
松江 武者行列